クラクラ ゴレホグ研究所

ゴレホグ専門 ゴレホグ研究所ブログ( ´ ▽ ` )ノ

2015年08月

防衛施設カット

1.防衛施設カットとは
攻撃をスムーズに進ませるための技術のこと
援軍釣りを同時に行う場合が多く,状況に応じて幾つかのパターンがある
使用理由として
・サイドカットの邪魔
・援軍釣り
・ホグのルート作り
・罠回避,解除
などが考えられる


2.カット方法
(1)ホグ
~各防衛施設ごとのホグ使用体数~
大砲,AT,WT,迫撃砲,テスラ...ホグ3体
対空砲,AS,...4体
XB...5体

~援軍釣りを同時に行う場合~
・AT,WT,迫撃砲,テスラ,大砲,XBのうち3施設以上から攻撃される場合はジャイでタゲ取り
・援軍を釣る場合は釣り出し時間が必要になるため,上記の+1体多くホグを使用する

~注意点~
・壁と防衛施設の間に1マス空白がある場合,バネを警戒し,ホグを1体出してから残りを出す
・援軍釣りと巨爆の解除を同時に行う場合,巨爆によってホグが全滅する可能性


(2)黒バル
~各防衛施設ごとの黒バル使用体数~
大砲,AT,WT,迫撃砲,テスラ...2体
※対空砲,AS,XBは除外

~援軍釣りを同時に行う場合~
釣り出し時間が必要になるため,上記+1体多く黒バルを使用する

~注意点~
・対空砲の範囲
・ASの向き
・援軍釣りを同時に行う場合で,黒バルだけでは陸のみを攻撃するユニットが釣り出せないため,ホグ1体を追加し全ての援軍を釣り出す


(3)ジャイwiz...周辺施設を攻撃することなく,防衛施設にwizが直接攻撃できる場合に使用
~wiz1体での各防衛施設ごとの破壊可能秒数~
大砲...7.5秒(5発)
AT,WT...6秒(4発)
迫撃砲...4.5秒(3発)
※テスラ,対空砲,AS,XBは除外

~注意点~
3施設以上から攻撃される場合はジャイ2体使用(例:ジャイ2体wiz1体でホグ3体よりコストが低い)

このブログの今後についてと他少し

こんにちは、ヴィリアです

IMG_20150825_053325


この度、zirvaからヴィリアに改名しましたヾ(*´∀`*)ノ
改名理由は...特にありません(笑)

まあ、別にこれはどうでもいいのです


まず、このブログについて
現在【ゴレホグ研究レポ】をP.1~P.11まで公開していますが、これらの記事より細かく書いたものを作成中しています
とまあ、書いていたわけですが問題が1つ発生しました、自分は【】←これに挟んでタグ名を入れるのですが、タグの名前が決まらない(笑)
ということで、この問題が生じた深夜にtwitterのタイムラインを更新し、一番上にいた人に決めて頂きました(笑)
その時一番上にいたのは相互リンクブログ「ペッカの主食は蜂蜜トースト」を書いているyuriさんでした
突然の無茶振りにも拘わらず、真面目に答えて下さりタグ名が【ゴレホグ理論】に決定しました(*^o^*)
ということで、現在作成中ですので、しばしお待ちくださいm(._.)m
そして【ゴレホグ理論】の他にも【ゴレホグ実践 解析】ということで、クラン戦で攻める配置に対しての考察と攻めた結果を受けての改善点等々を挙げていくようにしていきます
また、【随時更新記事】のカテゴリを作成し、名前の通り随時更新していく記事をそこに入れておきます。


次にYoutubeチャンネルについて
チャンネル名をヴィリア@ゴレホグ研究所に変更しました(^_^)/
これまでは、ゴレホグ以外の戦術の動画も挙げていたんですがゴレホグ動画のみを挙げていくことにしました
チャンネルはヴィリア@ゴレホグ研究所となります
チャンネル名を変更しただけで、チャンネル登録が外れたりはしてないので大丈夫です(*^-^*)

まあ、改名したりと色々ありますが、これからもよろしくお願いします(^_^)/
それでは、今回はこれで終わりたいと思います

ゴーレム3体のゴレホグ

こんにちは、zirvaです。

今回は、ゴーレム3体のゴレホグについて書いていきたいと思います。

なぜゴレ3体目を使うのでしょうか?
ゴレ3のゴレホグは元からあった編成ですが、使用率は高くありませんでした。
それは、そこまで使う必要がなくゴレ2ネクロ2で十分だったからです。
しかし、ポイズン登場後の防衛援軍の変化によってそれでは不十分になってきました。
ドラバルでゴレへのダメが増えたり、ラヴァによってAQのタゲが取られ火力不足になったりと、これまでにもあったパターンですが、それが圧倒的に増えたため使用率も上昇しました。
ゴレ3体のメリットは、

・初動(ゴレ部隊)の安定
・アプローチの柔軟性向上

この2点があります。
まず、初動の安定
これは、ゴレホグに限らずどの戦術でも重要なことだと思います。
これは、実際にやってみてもらわないと伝わらないと思いますが、かなり安定します。
ゴレ2体では、ゴレを左右に1体ずつ出し、真ん中を壁開けゴレをそこに集合させるというのが一般的ですがこの時、ゴレは既にかなりのダメを負っています。
その状態で援軍のドラバルや相手AQのダメが入ればすぐに倒されてしまいます。
そこで、3体目のゴレが無傷で中に入り、盾になってくれます。

2つ目のアプローチの柔軟性向上というのは、
まず、ゴレ1やゴレ2では極力AQに近い所から攻めます。
しかし、ゴレ3では場合によっては遠い所から攻めることになります。
遠い所から行くのは、もちろんヒーローlvも関係してきますが、全壊対策配置ではAQの近くに巨爆などの罠がないことが殆どで、その解除をしつつAQ処理を行う場合に使われます。
その時、BKも処理出来る位置から攻めることが多いです。
なので、ゴレ1、ゴレ2の目的はAQ、援軍の処理ですが、ゴレ3ではAQ、BK、援軍の処理、罠の解除になります。

そして、ゴレ3体目の用途ですが既に書いてある通り、サイドカット終了後に出すパターンと、3体で面取りして1箇所に集めるパターンがあります。
個人的には、前者をお勧めします、理由としてはやはり初動の安定という点で無傷のゴーレムが追加されるのは安心感があります。

前者の用途で使用する場合で、ゴレ3体目が中に入るのが少し遅いと感じるときがあると思います。
開ける壁の中に防衛施設がある場合はゴレ3体目を出してから壁開けをして行うと、遅れることなくゴレが入っていきサイドカットのwizがゴレより早く中に入ることがなくなります。
更に壁開け妨害用のバネや小爆弾を回避することも出来るので、このような場合には使ってみてください。


それでは、まとめです
ゴレ3の目的
・AQ処理
・BK処理
・援軍処理
・罠解除
※ヒーローlvによってかなり変わるので、低い方はゴレ1~2の時と同じようにAQに近い所から攻めるのをお勧めします

ゴレ3体目の使用用途
・ゴレ3体で面取り→1箇所に合流
・ゴレ2体で面取り→後で3体目追加

後でゴレ3体目を投入するときのタイミング
・壁開けをした後
・開ける壁の中に防衛施設がある時に壁開けをする時にゴレを出してから壁開け

最後に今あるゴレ3のリプを3本貼っておきます。







それでは、今回はこれで終わりたいと思います。

ゴーレム2体のゴレホグ

こんにちは、zirvaです。

今回は、ついにゴーレム2体のゴレホグについて書いていきます。
本当に長い間お待たせしましたm(._.)m

まず、ゴーレム2体のパターンとしまして

・ゴーレム2ネクロ0
・ゴーレム2ネクロ2
・ゴーレム2ネクロ3

この3種類があります。
ここでは、それぞれのメリットなんかを書ければいいかなと
参考リプは用意出来次第貼っていきます

1.ゴーレム2ネクロ0
ポイズン登場後にラヴァ、ドラゴンが援軍で増え、それらを素早く倒すために使われています。
レイジ1、ジャンプ1、ヒール2の呪文構成が多いですが、ヒールが減る分ゴレウィズで深く入る必要があり、それが出来ずにホグ全滅、☆1~2というのが起こりやすいです。
レイジwbを使用し、ジャンプを使わない方法もありますが、壁をしっかり開けることが出来るならばこちらの方が安定する傾向にあります。

2.ゴーレム2ネクロ2
最も一般的な編成です。しかし、援軍ラヴァの時はAQのタゲが取られ、中央の破壊速度が下がるため火力的に微妙になります。ドラゴンの場合はスケルトンがタゲを取ってくれるので、そこまで問題ありません。

3.ゴーレム2ネクロ3
高火力を突破するためにネクロを1体増やしたものです。これにより、援軍ラヴァの時の火力低下も防ぐことが出来ます。また、それ以外の援軍でもスケルトンがタゲを取ってくれるため、楽になります。


さて、3パターン紹介しましたがこの中で最もお勧めするのは3番になります。
援軍が何であっても特に問題なく、レイジを使用する必要がないため呪文にヒーリングを3つ入れることができ、ホグ部隊も安定します。
ただ、ネクロを使ってもすぐに死んでしまったりとかがあるため、人によって苦手意識があります。
そういう人は1番を使用すればいいと思います。
2番は、ポイズン登場後に援軍ドラゴンラヴァが主流になったこともあり、どうも中途半端になり気味な所があります。
援軍処理をしてからにした方が安定しますね。
Twitter
ゴレホグ研究所の更新情報をお届け∠( 'ω')/ Blog:クラクラ ゴレホグ研究所https://t.co/tASy0OxI8S